Blog

GetでQuery(Parameter)を渡す方法

  • システム開発
  • Webサイト
  • Laravel
  • PHP

GetでQuery(Parameter)を渡す方法

みなさん、こんにちは。マイスターギルドです。

タイトルを見て、「そんなことも分からんのか」と思う方もいらっしゃると思います。
そうなんです、私はできなかったんです。

今回は、Laravelプロジェクトでシステム開発をしているときの
私の失敗と解決できた方法をまとめていきます。

誰しも失敗はありますよね?

HTTP テスト

POINT

正しく動作するかをテストすることはとても重要です。

私もシステムが正しく動作するか、テストを書いており
検索機能が正しく動作しているか HTTP テストを書いていた時の話です。

テストの作成

よし、テストを作成するぞ!と意気込んで作成を開始しました。

まず、プロジェクトフォルダで、ターミナルを開きます。

$ cd test // 現在の階層のtest(フォルダ)に移動する

そして、ItemSearchTestを作成します。

$ php artisan make:test ItemSearchTest

これでtest\Feature\ItemSearchTest.phpが生成されます。
さぁテストを書いていきましょう。

queryが渡せない

文字列検索は、getメソッドで自己参照させてqueryで条件を与えていました。
そのため、以下のようなコードを書きました。

test\Feature\ItemSearchTest.php

public function testGeneralPattern () {
    $query = [
        "keyword" => "〇〇",
    ];

    $response = $this->get(route("item"),[
            "query" => $query,
    ]);
}

実行してみると、NG のパターンが通らない。

中身を調べてみると、

queryはまったく送られていませんでした

ネットで調べた通りにHeaderの中に入れたのになぁ、と途方に暮れることになりました。

URL でもダメ

他に方法はないかと考えた結果、URL にquery情報を入れ込む方法を試してみました。

test\Feature\ItemSearchTest.php

public function testGeneralPattern () {
    $url = "http://localhost/item?keyword=〇〇";

    $response = $this->get($url);
}

これでもダメでした。
この時点で少し心は折れかけていました。

方法なんてないんじゃ・・・。

route()

長時間悩まされていましたが、解決のときが来ました。
route()の第二引数でqueryが渡せる」 という情報を手に入れたのです。

早速、試してみました。

test\Feature\ItemSearchTest.php

public function testGeneralPattern () {
    $query = [
        "keyword" => "〇〇",
    ];

    $response = $this->get(route("item", $query);
}

頼む!通ってくれ!!と願いを込めて・・・・、

ちゃんとqueryが渡せていました!

今月で一番ホッとした瞬間でした。


自己参照でqueryを引き継ぐ

検索機能だけでなく、ソート機能やタブ切替など
機能が増えてくると、現在のqueryを保持して自己参照したいと考えました。

上記でもあるように、route()を使えばqueryを渡せることは分かっています。
あとは現在のqueryを取得する方法だけです。

Request::query()

現在のqueryを配列で取得するものです。
これが手に入ればあとはもう簡単でした。

resources\views\item\index.blade.php

<a href="{{ route('item', array_merge(Request::query(), ['tab' => '〇〇'])) }}">〇〇</a>

これで現在のqueryに与えたいqueryを追加した URLとなります。


今回で少しずつですが、調べる能力が身についてきたと実感しました。

まだまだ自信を持てるほど、知識も経験もありませんが、
こうやって一歩ずつ歩みを進めていれば、いつかは・・・という気持ちがあります。

自分の理想に少しでも近付けるように引き続き頑張っていこうと思います。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

MeisterGuild(マイスター・ギルド)広報

最先端技術のMEISTERを目指し、お互い切磋琢磨するGUILD、になりたい株式会社マイスター・ギルドです。Webシステム/サービス開発、スマホアプリ開発、AR/VR/MR開発など、さまざまな情報を発信します。

Related Entry